貫通

ブログ

冠到杯⑤声デカ赤ずきんの店

――――――いままで放置して何してたんですか?

 

大喜利たろうやってます!パトカーの部屋にしかいない人いたら怖いね!

そうですね、言い訳はしないです。気づいたら時間が経ってしまっていたというか

 

 

――――――時間が出来たからコッソリ更新するなんて卑怯ですね

 

おっしゃる通りだと思います

ここまで時間が経ってしまったことが恥ずかしいです

 

 

――――――クソがよ だいぶネット大喜利寄りの生活になってませんか?

 

大喜利しょーとしょーとの選手として主戦場対抗大喜利フェスに参加しているのがモチベーションのすべてですね
しょーとしょーとはサイトが閉鎖となってしまったのですが、最近は大喜利たろうという3分大喜利ができるサイトを気が向いたらやってます
しょーとしょーとの管理人さんに迷惑メール送りつける馬鹿がいるらしく、もし本当なら無意味な悪意だなと、マジで腹が立ってます

 

いや非常事態宣言やらで全く外に出ない生活なんで、ほぼネット大喜利ですね。

勉強用に契約したサーバの使い道が今のところ遊び場大喜利だけなので、なにか大喜利のお助けサイトみたいなものも作ってみたいと思っていますが果たして...

 

あけましておめでとうございます(3月のあけおめ出ました)

 

今回で冠到杯感想ブログも最終回となります。
①から読んでいただいてる方、ありがとうございます。
ただブログ自体は終了せずに日記みたいな感じで書いていこうかな~と予定しておりますので、引き続き『貫通』(いま貫通って聞こえたぜ)をよろしくお願い致します。

大喜利企画ROSEさんのアカウントで冠到杯お疲れ様でした動画、2020振り返り動画がアップされており、どちらも素晴らしく、楽しく拝聴しました。ありがとうございます。

急に思い出したのですが答龍門2020の試合前インタビューで魚醤さんが「全員殺します」って宣言してたのまだ面白いです。

 

前回は準決勝の感想を書きましたので今回は決勝についての感想を書いていこうかなと思います。

 

~~~~

 

・金玉磨きの少年

 (下書きにこれだけ残ってたのですが、なんで?)

 

~~~~

 

決勝

・準決勝と同様タイマン形式。対戦相手は準決勝でゆうDさんに勝利したあくまでクマさん

・あくまでクマさんは一撃で仕留めてくるタイプだと思ってて、以前せんだいさんの会『回答数で楽しむ大喜利会』という回答数のノルマがあるルールの会でめちゃくちゃ強くて、自分は普通に負けたし、そのまま優勝している

・自分も前書いた通り数出せるタイプではないから、お互いに考え込む時間が多かった

・だから決勝であくまでクマさんが挙手する度に拳銃を頭に突き付けられている感覚だった。あれはもう嫌だ、こんな大喜利は嫌だ

・決勝戦はどっちが爆発するかみたいな勝負だったと思う。あくまでクマさんの準決勝みたいな回答が出た時点で終わりなんだろうなと思ってた。多分疲れてたし自分がふんばってやるぞみたいな気持ちはほぼ無くて(それでいいのか)、そんなことを考えていた

 

・お題1『全員声がデカすぎる国にホームステイしたときの思い出』

ホームステイしたこと無かったけど、とにかくホストファミリーが陽気である ということをイメージして、極端化の方向で考えてた。結果、「帰国しても頭の中でウェルカムが止まらない」というそこそこ納得いく回答を出せた

 

・お題2『サラダしか出さない居酒屋「サラダバー」に入店したデブの衝撃の一言』

難しかった!3分大喜利の感覚でやってたから、ドカーン!みたいな受けみたいなのは無かったと思う

・お題3『このおばあさんが狼だと気づいているし、命なんて別に惜しくもないと思っている赤ずきん

決勝みたいなお題だった!ここでも3分大喜利みたいな解釈の路線乗り換えが必要な回答ばっかしてたな...

 

 ・結果、1問目と2問目でリードしていたので優勝した!優勝は初めてだし、そもそも大喜利会でインマネしたことも初めてなのでめっちゃ興奮してたと思う

 

・動画を観返したときに、自分が使ってたマジックの字が薄くてしかも自分だけ声が小さくて恥ずかしくなったな。動画見るたびに声小さくて毎回恥ずかしいのいつ終わるんだ。決勝前にネイノーさんが指摘してくれて助かった

 

・大会内での自分のコメントが薄すぎる、こういう時に小粋な事を言って沸かせたいものだね

 

~~~~~~~

以上、優勝したから書いたブログですが、優勝したからこそ、その時の気持ちを保存しておくという自分なりの理論で動いてまいりました。負けた時の気持ちは振り返る必要もないですよね?

 

自分は立派な大喜利の考えを持っているわけではありませんが、皆さんの大喜利に関する考え方の文章を読むのが楽しいのでネット・生問わずもっと書いてくださると助かりますし参考にさせていただきます。

 

ここまで読んでくれた方がいれば、ありがとうございます。
平気で後から追記修正するのでご了承ください。

 

 

――――――ついに書き終えたのですね

 

「執筆」というよりは少しずつ下書きしてたものを「修正」して公開した気分ですが...神山まるたさんと同じく、このブログは祈ブロでもありますから、また日常が戻ることを願って不定期にはなれど続けていきたいですね

 

 

――――――そうですか。お疲れ様でした。お相手は金玉磨きの少年でした

 

あなたでしたか

 

(おわり)